SBC新宿近視クリニックの視力回復メニュー

他店でレーシック施術不可となった方必見!フェイキックIOLの施術可能のSBC新宿近視クリニック

今や視力回復手術と言えば "レーシック" と誰もが即答できるぐらいメジャーなものになりました。
そして、そのほとんどの人がレーシックで裸眼での日常生活を取り戻しています。


その中でも少なからず、レーシック適応不可×
となって、諦めざるを得ない人もいます・・ToT


レーシックはまだまだ歴史が浅いかもしれませんが、ケータイ電話と同じように
この何年かで、飛躍的に成長しました。 中身の濃い歴史です。


そこで SBC新宿近視クリニック ではレーシック施術の実績の他、
今まであきらめていた人でも再度、レーシックが受けられるかもしれない??という期待の
「 フェイキックIOL 」  を行っているんです??


【フェイキックIOLとは】
ハードコンタクトレンズに似た眼内レンズを採用しています。
眼の内側にレンズを入れるので、ハードコンタクトレンズのように普段の生活で外れる心配もなく
異物感もありません。
強度の近視・遠視・乱視が原因で、レーシック施術が受けられない。という方にも適応。
また、角膜が非常に薄くてレーシック不適応×となる方でも手術可能◎
メリットとしては術後の近視の戻りが少なく、強度近視の方の場合、レーシックと比べると断然見え方の質が良いんです★


【レンズは3種類あります】
・ARTISAN (アルチザン) ・・・虹彩の前に挿入。ポリメチルメタクリレートというハードコンタクトレンズと同じ材質のレンズ(ハードタイプ) 両眼税込39.6万円/片眼19.8万円

・ARTIFREX (アルチフレックス)・・虹彩の前に挿入。光が通る部分(光学部)がシリコンできた柔らかい材質のレンズ(ソフトタイプ) 両眼税込49.6万円/片眼24.8万円

・ICL (アイシーエル)   ・・虹彩の後ろに挿入。コラーゲンとハイドロキシエチルメタクリレート(HEMA)の材質のレンズ。 58.6万円(ホールタイプ)


乱視の場合、上記の価格に+10万円(片眼5万円)となっています。


【フェイキックIOLの流れ】
? 洗眼および点眼麻酔

? 強角膜を切開

? 眼内レンズ挿入

? 眼内レンズ固定(※前房型のみ)

? 縫合(※アルチフレックス・ICLは原則縫合不要)


この工程がたったの20分(片眼)で出来てしまうので、とってもスピーディーです★


また、保証期間は1年間。
術後の検診が、翌日・2日目・1週間目・2週間目・1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月となっていて、1年目以降の定期健診は1回5,000円(点眼薬含む)で受けることが出来ます^^


今まで不適応×と言われてレーシックを諦めていた人も、SBC新宿近視クリニックでもう一度裸眼生活の夢を手に入れましょう^^??

 

 

出会い率の高い結婚情報サービス